ジョーカーの資産運用ブログ

資産運用・家計を中心に書いていきます

【高配当ETF】HDVとVYMはどちらが優れているのか

米国株投資をされる方は高配当戦略をとっている方がたくさんいるような気がします。

他のブロガーさんのポートフォリオを拝見したりしてもフィリップモリスコカ・コーラ、IBM、AT&T・・・といった高配当な銘柄をよく見ます。これはシーゲル先生の

株式投資の未来」の影響が大きいと思います。実際、高配当戦略をとっている方のオススメ書籍には必ずこの本がでてきます。

ジョーカーもこの本を読んで高配当戦略を取り入れを決め、実践しています。 

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

 

 

 

ジョーカーはまずETFで高配当戦略をとることを考え調べた結果HDVとVYMへの投資を実行しました。

 

HDVとVYMを比較

 

f:id:investmentblog:20170720221936p:plain

 

  • 分配金利回りはHDVの勝ち
  • 総資産ではVYMが勝っているがHDVの資産残高あれば十分
  • 経費率は同じ
  • HDVは回転率高め(銘柄入れ替え多い)
  • VYMは幅広く分散されている

 

2017年のパフォーマンスはHDVが2.52%に対してVYMが5.46%とVYMが勝っています。半年ほどでも差がありますが過去5年で比較してもVYMのほうがパフォーマンスは高いです(HDV62%に対してVYMは89%の上昇)。

f:id:investmentblog:20170720221950p:plain

 

パフォーマンスの差はポートフォリオを見れば分かります。

 

HDVの上位5銘柄

f:id:investmentblog:20170720222943p:plain

 

VYMの上位5銘柄

f:id:investmentblog:20170720223048p:plain

 

HDVはエネルギーや通信関係への投資割合が高くVYMはITや金融関係がトップ5銘柄ででてきます。最近の相場はITや金融関係に有利な相場だったのでパフォーマンスに差がついたということです。

 

結論

今までのパフォーマンスを比較すればVYMが勝っています(2017年でも過去5年比較でも)。「株式投資の未来」を読んだ方はHDVが好きな人が多いですが(私も含め)、過去のパフォーマンスの差は歴然です。過去のブログではHDVを勧めていましたが考えを改めました。

また下げ相場がきたときにどのような動きになるのかが気になります。HDVリーマンショックを経験していない若いETFなので 金融危機に強いと考えていますが実際の動きはどうなるかが経験しないと分からないです。実は下げ相場ではHDVが圧勝ということになるかもしれません。ジョーカーは今後も両方のETF保有していくのでパフォーマンスを報告していきたいと思います。

 

investmentblog.hatenablog.com