ジョーカーの資産運用ブログ

資産運用・家計を中心に書いていきます

毎月分配のETFについて

毎月分配でオススメのETF一覧

  f:id:investmentblog:20170326171250p:plain

 

 利回りトップのPFF

 

利回りトップはPFFです。5.67%と高い分配金が魅力的です。

かつては8%超の分配金をだしたこともあります。

優先株式の中身は金融系が大半なのでリーマンショック等の危機の時には暴落するリスクがあります。

優先株式は議決権がないケースが多く配当だけもらう感じなので債券に近いです。

リーマンショック以降は36~40ドルくらいで安定しています。

値上がり益を狙わず毎月安定した分配金だけを狙いたい方にはいいかもしれません。

私は資産形成の途中なので分配金も大切ですが値上がりも狙いたいので現時点で投資することはないです。

あと経費率が0.47%と米国ETFの中では高めです。

 

f:id:investmentblog:20170326172447p:plain

 

ハイ・イールド社債に投資するHYG

 

PFFの次に高いのがHYGです。ハイ・イールド社債とは低格付の社債のことです。

格付がBB以下のものでハイリスクハイリターンということです。

銘柄数は1,000を超えているので仮に数社つぶれても大丈夫ですが、リーマンショック等があれば値下がりは大きいです。

リーマンショック以降もPFFに比べれば値動きも大きいです。

 

 

f:id:investmentblog:20170326173511p:plain

 

AGGは米国の投資適格債券全般に投資できるETF

 

高利回りETFは結局リーマンショック等には弱いです。相場の暴落からのダメージを小さくしながら毎月分配をもらうETFがAGGです。

リーマンショック時も若干の値下がりはありますがPFFやHYGに比べると小さいです。

経費は0.05%ですし銘柄数も6,000超と問題なし。

しかし利回りが2.37%と低いのが残念です。 価格は安定しています。

 今後気を付けなければならないのは米国の金利上昇を受けて債券価格の値下がりがあることです。

いいETFなんですけど金利上昇局面での債券投資は難しいですね。

 

f:id:investmentblog:20170326180148p:plain

 

 

NYダウ平均に投資しながら毎月分配をもらえるDIA

株式に投資しながら毎月分配をもらえるETFです。

ダウ平均は誰もが知っているベンチマークなので安心感あります。

利回りは2.17%と低いですが株式に投資するため値上がりも期待できます。

経費率が0.17%とダウ平均やS&P500に投資するETFの中では高めかな

しかし毎月分配にこだわるのであれば許容できる範囲だと思います。

 

f:id:investmentblog:20170326181324p:plain

 

資産形成期では毎月分配のETFを購入する必要はなし

 

個人的な意見ですが、資産形成期では毎月分配のETFを購入する必要はないと思います。

毎月分配ETFは分配金を生活費の一部として考える方が購入対象となります。私のようにサラリーマンは生活費を給料で賄っているため毎月分配は不要です。

退職後で今までの財産を有効活用しながら一定の分配金を受け取りたい方は毎月分配のETFはいいと思います。

年金+分配金で余裕をもった生活をするとかいいですよね。

オバマケア存続決定:税制改革は実行できるのか

f:id:investmentblog:20170325093136p:plain

 

どうやらオバマケア代替法案の撤回を決めたそうです。

 

米下院共和党は24日、医療保険制度改革法(オバマケア)を改廃する法案の採決を断念した。法案への支持が不足しているとトランプ大統領およびライアン下院議長が判断したもので、共和党にとってきまりの悪い敗北となった。

  トランプ大統領は前日、議席を失いたくないなら法案を支持せよと共和党議員に迫っていた。共和党首脳部の側近によると、ライアン議長は採決予定時刻の間際にトランプ大統領から電話で要請を受け、採決中止とした。

  ライアン議長は「取り繕うことはしない。われわれには残念な日だ。 だがこれが結末ではない」と語った。

 

  トランプ大統領はホワイトハウスに集まった記者団に対し、可決にはおそらくあと10票が必要だったがそれを確保することができなかったとし、「オバマケアの混乱が爆発した後に、実に素晴らしいヘルスケア法案が得られるだろう」と話した。

  ライアン議長は共和党の形勢立て直しには少し時間がかかるだろうとし、「今後はアジェンダの残りの法案成立に向けた作業に移る。税制改革を進める」とも述べた。

 「米下院共和党、ヘルスケア法案の採決断念-今後は税制改革に軸足 - Bloomberg」より

 

Market Hackではオバマケアのことが結構書いているので参考になります。

 

Market Hack(外国株ひろば Version 2.0):世界のマーケットの情報を発信します - ライブドアブログ

 

トランプ大統領は実行できない大統領になるのか

今回のオバマケア代替法案の撤回について思うことは、「トランプ大統領の法案は議会通らないんじゃない?」ってことです。

投資家が最も関心を持つのは大型減税です。減税では企業の利益が確実に増加するから投資家の取り分も大きくなります。

しかし、今回の撤回を受けて「減税、無理じゃね?」となったわけです。少なくとも期待するような短期間での減税実施は難しいかもしれません。

逆にこんな意見もあります。

 

 <ウェルズ・ファーゴ・アセット・マネジメント(ボストン)のシニアポートフォリオマネジャー、マーガレット・パテル氏>

市場ではトランプ政権が医療保健問題に完全に手足を縛られ、身動きできなくなるのではないかとの懸念が出ていた。医療保健問題がこうした形でクリアされたことで、規制改革や減税などそれほど複雑ではなく実行可能な案件に着手できると、市場では楽観的な見方が出ているのではないか。

これほど複雑で大きな費用が絡む案件が棚上げにされたことはプラス方向の動きのように見える。今後、減税のようにそれほど難しくない案件に歩を進めることができる。

 

 

オバマケアの代替法案は無理だけどそれほど複雑でなく実行可能(?)な税制改革ならやれるということです。(本当かよ!とツッコミたくなりますが。)

まあ、市場は様々な憶測があり予想と実際との差額で株価が動くわけです。

今後の議会でトランプ大統領が仕掛けている法案が通らないことになればトランプ大統領は実行できない大統領となり、減税期待などが織り込まれた株価は下落することになるでしょう。

 

キャッシュポジションを持つ

来月になればトランプ大統領就任3か月となりハネムーン期間は終了します。

フランス大統領選挙も控えているため株価が大きく動く可能性ありです。

今は無理に投資できる資金をすべて投入するのではなくマーケットを見ながらの投資でいいかなと思います。

私は今月、既に米国株購入しているので残りは少し時間を空けて買っていきます。

個別銘柄で下がったやつを買うとかマーケットが大きく下げた時にETFを買うとか考えています。

 

investmentblog.hatenablog.com

 

 

米国株の配当のみで働かずに生活するためにはいくら投資すればよいのか

f:id:investmentblog:20170320185203p:plain

 

経済的自由って素敵ですよね。

私も金持ち父さんを読んで経済的自由に憧れを持っています。

経済的自由=働かずに生活できることを米国株投資で実践するためにはどの程度の投資が必要か考えてみました。

 

<前提条件>

 

投資する資産はiシェアーズ・コアS&P500ETF【IVV】とします。

S&P500に投資するETFの中では経費が0.04%と最も低いからです。

2017年3月時点ではIVVの配当利回りは1.9%です。ここから米国と日本の税金30%を差し引くと税引後利回りは1.33%となります。

*外国税額控除は考慮していません

生活費については2人以上世帯の平均支出である月額29万円(年間348万円)を採用します。

 

1世帯当たりの1か月平均の消費支出

総世帯は,                               249,909円
            前年同期比                  実質0.8%の減少     名目0.4%の減少
            前期比(季節調整値)     実質0.6%の減少
二人以上の世帯は,                  290,432円
            前年同期比                  実質0.7%の減少     名目0.3%の減少
            前期比(季節調整値)     実質1.0%の減少

   *総務省統計局のデータ

 

このデータだけで年間支出348万円を配当で得るためには

348万円÷1.33%=2億6,165万円

必要となります。

かなり夢のない数字になってしまいました。

減配のリスクのリスクについて考える

f:id:investmentblog:20170320190141p:plain

 

S&P 500 Dividend Growth」のグラフ

 

上のグラフはS&P500の年間の配当の伸び率を現したグラフです。

  • S&P500の配当は年平均5.86%の伸び
  • 過去最大の減配はリーマンショック2019年で21.07%の減少
  • 2012年には業績回復して18.25%の配当増加

このグラフを見ると勇気をもらえます。米国株投資にいいところは配当が着実に増加している点です。

このグラフの期間ではITバブル崩壊リーマンショック後でしか減配はしていません。

今回は配当のみの収入が前提となるので最大の減配率である21.07%で耐えられる資産額を算出しました。

 

348万円÷1.33%=2億6,165万円(税引き後配当利回りと必要金額だけ考慮)

2億6,165万円÷(100%-21.07%)=3億3,149万円

この金額があれば減配があっても生活できる水準は維持できます。

 

 

為替リスクについて考える

もう一つ考えなければならないリスクは為替リスクです。

現在為替はだいたい112円から113円です。

私たちは日本円で生活しているので米ドルで受けとっても日本円に両替しなければなりません。

戦後の円史上最高値は76円です。現在の水準からは33%マイナスとなります。

この水準の為替に耐えられるようにするための運用資金を考えます。

 

348万円÷1.33%=2億6,165万円(税引き後配当利回りと必要金額だけ考慮)

2億6,165万円÷(100%-21.07%)=3億3,149万円(減配リスクを考慮)

3億3,149万円÷(100%-33%)=4億9,476万円

 

減配リスクと為替リスクを考慮すれば約5億円あればIVVに投資するだけで経済的自由を達成することができるということです。

でも本当夢のない数字ですよね。

今はそれだけ株価が割高だということです。

しかし株価の値下がりを待っていてはいつまでも投資できないとう状況に陥る可能性もあるため少しずつ投資額を増加させていきたいものです。

配当の増加も見込めますからね!!

 

今回はIVVで計算しましたがVYM等の高配当ETFや配当貴族銘柄が多いVDCを利用することで必要投資額を減らすことができます。

配当は増加していくので早く始めればそれだけ経済的自由を達成できる時期は早まります。

 

どうぞ参考にしてください!

高値で推移中の米国株にどう対応するか

f:id:investmentblog:20170320104027p:plain

 

今の米国株は高値圏で推移しており短期的には調整局面に入ると考えています。

私は高値圏・安値圏の判定の一つにシラーP/Eレシオを使っています。

1期だけの利益でみたPERではブレが大きいため10年の移動平均利益から算出するシラーP/Eレシオはブレが小さく本質的な数値を知ることができるからです。

 

*シラーP/Eレシオ=現在の株価÷インフレ調整後の過去10年の1株当たり純益移動平均

 

f:id:investmentblog:20170320104302p:plain

Shiller PE Ratio」より

 

足元のシラーP/Eレシオから考えること

 

2017年3月17日時点のシラーP/Eレシオは29.3です。

  • シラーP/Eレシオの平均16.73倍を大きく上回る
  • ブラックマンデーの水準は既に超えている
  • 世界大恐慌前とほぼ同じ水準
  • IT株バブル時の最大値44.19は下回っている

この状況から考えると以下のことが考えられます

  • 株価はいつ暴落しても不思議ではない状況
  • シラーP/Eレシオが過去平均まで下がる場合、株価は42.9%下落
  • 過去の最大値まで株価上昇するとすれば株価は50.8%上昇

以上、暴落した場合のシナリオも想定して投資することが大切だと思います。

最近は長年続いた強気相場から暴落論を唱える方が多いように思いますが、更なる上昇の可能性もあることは頭に入れておきたいです。

 

 

暴落への備え(セクター別の暴落時の下落率)

リーマンショック前のピーク(2007年10月)からリーマンショック後のボトム(2009年3月)での各セクターETFの下落率の比較

 

f:id:investmentblog:20170320112445p:plain

f:id:investmentblog:20170320120635p:plain

 

 

ITバブル崩壊時のピーク(2000年8月)から崩壊後のボトム(2002年10月)での各セクターETFの下落率の比較

 

f:id:investmentblog:20170320115053p:plain

 

f:id:investmentblog:20170320121045p:plain

 

  • 生活必需品、ヘルスケアは2つの暴落局面で下落率は比較的小さい
  • 公益事業は暴落時にはそこそこ強い
  • 素材と一般消費財は市場平均並みの下落。ITバブル時は強かった。
  • エネルギーは過去の暴落相場ではそこそこ強い。暴落よりも原油相場の影響が大きい
  • 資本財はS&P500と同じくらいの下落率
  • 金融セクターは暴落に弱い
  • ITバブル時のテクノロジーの暴落の教訓がありリーマンショック時は市場平均よりも下落率は小さかった。高すぎるPERの銘柄は避けるべきです。

 

【結論】生活必需品とヘルスケアが最強

 

以上の検証から暴落への備えは生活必需品とヘルスケアセクターの投資割合を増加させることだと思います。

気になるのは全ての投資家が生活必需品とヘルスケアの投資割合を増加させた場合は結局、2つとも更に割高になり暴落時には市場平均並みの下落率になることです。

この点は更に検証が必要です。

金融株については暴落前での投資は控えておきましょう。

ループイフダンから米国株投資への移行

只今、ループイフダンで運用していた資金を米国株投資に移行中です。

3月はループイフダンの投資資金の6割を米国株に投資しました。

残りは4月以降にタイミングを分散させて投資していく予定です。

 

investmentblog.hatenablog.com

 

 

investmentblog.hatenablog.com

 

購入検討していた銘柄の中から7銘柄を新規購入。既に保有していたアップルを追加購入しました。

 

investmentblog.hatenablog.com

 

 

生活必需品セクターから【KO】【PG】【PM】を購入

生活必需品セクターからはコカ・コーラ【KO】、プロクター・アンド・ギャンブル【PG】、フィリップ・モリス・インターナショナル【PM】の超王道銘柄を購入しました。

PERの水準だけ見れば決して割安ではないので短期的には調整する可能性があります。

しかし3銘柄とも配当利回りは比較的高く、配当の伸びも期待できるため長期投資で結果を残してくれると信じています。

 

f:id:investmentblog:20170319204200p:plain

f:id:investmentblog:20170319204308p:plain

 

f:id:investmentblog:20170319204510p:plain

 

ヘルスケアセクターからは【JNJ】【ABT】を購入

ヘルスケアセクターからは王道のジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】とアボット・ラボラトリーズ【ABT】を購入です。

トランプ大統領の政策は財政負担の大きい医療関係の支出を削減する方針でありヘルスケアセクターは先週売られました。

また金利上昇局面ではヘルスケアセクターは弱いため今後注意は必要です。

しかしポートフォリオの一定割合はヘルスケアセクターを組み入れたいため購入に至りました。

JNJとABTは配当の伸びが期待できることから購入に至りました。

 

investmentblog.hatenablog.com

 

f:id:investmentblog:20170319210118p:plain

f:id:investmentblog:20170319210211p:plain

 

 

 

 エネルギーセクターからはVLOを購入

エネルギーセクターからはバレロ・エナジー【VLO】を選択しました。

VLOは原油価格とは逆の動きをする傾向があり既に保有しているエクソン・モービルリスクヘッジにもなると考え購入です。

過去、2期連続赤字に陥ったことがある企業ですが配当利回りとPERからみた割安感もあり購入しました。

 

f:id:investmentblog:20170319210532p:plain

 

 IT関連からは【IBM】と【AAPL】を購入

バフェット銘柄であるIBMとアップルを購入です。

2銘柄ともに優良銘柄ではあるが低めのPERであり購入しました。

アップルは年初からの値上がりが大きいですが将来の配当貴族銘柄だと考え購入です。

IBMはPERや配当利回りから十分に購入に値する銘柄だと考えました。

 

f:id:investmentblog:20170319211315p:plain

f:id:investmentblog:20170319211407p:plain

 

 

【雇用統計】23.5万人増で3月利上げへ。米国株投資はどうする?

f:id:investmentblog:20170311115559p:plain

10日発表のアメリカ雇用統計は予想19万人増に対して23.5万人と大きく上振れ。

 

この結果を受けて3月利上げの可能性が高まりました。また2017年の利上げ回数予想が3回から4回に増加する可能性があるとのことです。

 

[ニューヨーク 10日 ロイター] - JPモルガンのエコノミストは10日、米連邦準備理事会(FRB)が来週15日に発表する政策担当者が見込む年内の利上げ回数予想の中央値は4回と、前回12月発表の3回から増える可能性があるとの見方を示した。

JPモルガンのエコノミスト、マイケル・フェロリ氏は2018年については、利上げ回数の予想中央値は3回となるとしたが、4回に増加する可能性もあるとしている。

また、フェデラルファンド(FF)金利が「中立」水準に達するのは2019年になるとの見方も示した。

 

利上げ時の為替動向

過去の利上げ時の為替動向は下のようになっています。

  • 1994年から1995年にかけて3.00%から6.00%に上昇
  • 1999年から2000年にかけて4.75%から6.50%に上昇
  • 2004年から2006年にかけて1.00%から5.25%に上昇

 

f:id:investmentblog:20170311110222p:plain

アメリカの政策金利が上がると、ドル円(USD/JPY)はどうなる?」 のデータです。

 

 

理論的にはアメリカ金利の上昇は金利差拡大から円安になります。

しかし過去の推移ではむしろ円高になるケースが多いようです。

よく見ると金利上昇局面の直前に円安になり上昇が始まると円高になっています。

そしてその後に円安になる動きです。

過去の動きから考えると慌てて一気にドル転する必要はなく米国株投資に必要なドルを必要な分だけドル転していけばいいのかなと思います。

 

利上げ時の株価動向

 

f:id:investmentblog:20170311112359p:plain

米国の利上げが株価や為替に与える影響」のデータです。

 

 

利上げは株価の下落要因ですが、過去の動きからは株価は影響していないことが分かります。

利上げを行う時期は経済が好調なときなので利上げのマイナス要因を抑え込んでいるのだと思います。

今回もアメリカの経済指標は良く利上げのマイナス要因は小さいのではと思います。

 

 2004年から2006年(前回利上げ時)の株価動向

利上げ時のS&P500(IVV)、生活必需品セクター(VDC)、ヘルスケアセクター(VHT)の動きです。IVVとVDCは同じような動き。細かく見ればIVVの方がいいです。

2016年12月の利上げ時はPM等の高配当銘柄の株価が下落したことがありました。

債券投資の利回りが上昇したため債券投資の代替投資である高配当銘柄が売られたのです。

すぐに株価が戻ったので金利上昇時の一時的な生活必需品セクターの下落は買いだと思います。

VHTはIVVに負けています。実はヘルスケアセクターって金利上昇に弱いんですね。

今後のヘルスケアセクターへの投資配分は考える必要あるかもしれません。

 

 

f:id:investmentblog:20170311114105p:plain

f:id:investmentblog:20170311114227p:plain

 

 

 

【シーゲル流投資】ヘルスケアセクターへの投資方法

 

ヘルスケアセクターへの投資は生活必需品セクターと同じくS&P500やダウ平均を上回る可能性が高いようです。

しかし、私はヘルスケアセクターの企業のことが良く分かりません。

「ある医薬品が開発されました」→「それでどうなの?」って感じです。

でも人間が生きたいと思う限り、ヘルスケアセクターへのニーズは尽きることはないと思うので業種全体では成長が期待できます。

「個別銘柄では良くわからないけど、業界全体ではきっと良くなると思う。」というように考えて私はVHTを保有しています。

 

VHT(バンガード・米国ヘルスケア・セクターETF)とは 

f:id:investmentblog:20170307222134p:plain

 

バンガードの低コストETFです(コスト0.09%だったのが0.10%と値上がりしましたが・・・)。

銘柄数は非常に多くヘルスケアセクターの大半をカバーできるETFです。

ヘルスケアセクターはバイオ関係とかの銘柄は無配企業が多く分配利回りは低いです。

この辺がネックかなと思います。

 

上位10銘柄はこちらです。

ジョンソン・エンド・ジョンソンが最大で9.82%となっています。そのほかファイザー、メルクといった大手製薬企業が続きます。

調べるとなるほどと思える企業なのですがやはり生活必需品セクターと違い知名度は低いと思います。

f:id:investmentblog:20170307222741p:plain

 

S&P500との比較(過去10年)

 

f:id:investmentblog:20170307223435p:plain

f:id:investmentblog:20170307223448p:plain

IVV(S&P500の低コストETF)と比較すると過去10年ではVHTが勝っています。

2008年のリーマンショックの際の下落率もVHTの方が低くショックにも強いETFかと思います。

以上、VHTは私のようにヘルスケアセクターの知識がなくてもヘルスケアに投資したい素人には最適なETFだと思います。

 

配当を求めるのならば個別銘柄を加えてもいいかも

どうしての気になるのは分配金利回りです。

他のブロガーさんも分配金利回りが低すぎて投資しないと公言している方もいらっしゃいます。

私も分配金利回りは正直気になります。

そこで少し個別銘柄を加えて利回りを上げるのもいいかもしれません。

f:id:investmentblog:20170307224725p:plain

購入検討している銘柄でヘルスケアは上の6銘柄です。

正直、中身が分からないので創業が古く老舗を選んでいます。

配当利回りだけではPFEですが増配年数が長いJNJとABTがいいかなと思っています。

よかったら参考にしてください!!